So-net無料ブログ作成

ココス [食事]



ちょっとずつ変わってきたかな?ピザとスープついて990円(≧∇≦)

ライスは別~_~;

カフェルーチェ [食事]



手前はイチゴミルク、奥はシロクマ☆彡

ふわふわ氷美味しかった(≧∇≦)

シェラトングアムベイビューコーナースイート [2015 夏旅]

お嬢さんがどうしても泊まりたかったのがこちらのベイビューコーナースイート

同じ部屋タイプでオーシャンビューコーナースイートもあったけれど、ちょっとでもお安くとこちらに。とりあえずラウンジアクセスもついてて、シェラトンアドベンチャーズもあるから[手(チョキ)]

お部屋は2つに分かれてました。まずはベッドルーム。エキストラベッド入れて3台。なんとか娘ちゃん添い寝でOK[手(チョキ)]

IMG_3233[1].JPG

IMG_3234[1].JPG

もう一部屋がこちら。はいってすぐのお部屋です。ベッドルームが奥でした。ソファとデスクがあり、とっても便利[ひらめき]

IMG_3235[1].JPG

ベッドルームの奥が、バスルーム。ガラス張り[目]

もちろんブラインドがありました[ぴかぴか(新しい)]おろせたのは最終日だったけど[もうやだ~(悲しい顔)]

IMG_3236[1].JPG

プレゼントのワイン[わーい(嬉しい顔)]

IMG_3237[1].JPG

水は毎日ベッド台数分補充。コーヒー、お茶パックが用意されてました[わーい(嬉しい顔)]氷も同じフロアにありました[るんるん]

IMG_3240[1].JPG

なんといっても最大の魅力はこのジャグジー[ぴかぴか(新しい)]アメニティに用意されてるシャワージェルを投入すればバブルバス[手(チョキ)]

ベイビューとは言っても我が家には十分[目]

IMG_3261[1].JPG

なんといっても見慣れたこの景色[わーい(嬉しい顔)]

IMG_3260[1].JPG

ちょっと角度は違うけど[るんるん]ちなみに左に見える建物はアルパンコーブで1ベッドルームの賃貸だそうです。

IMG_3259[1].JPG

ウォーターパークも見えてます[わーい(嬉しい顔)]

見晴らしがよいので、水着着用は必須かと[ふらふら]

次回は食事[わーい(嬉しい顔)]とはいってもほぼラウンジですが[ふらふら]

シェラトンラグナグアムリゾート~建物編~ [2015 夏旅]

翌日の出来事の前に、軽くホテルをご紹介いたします♪

IMG_3232[1].JPG

まずはフロント付近。深夜着でしたが、それほど暗い雰囲気でもなく、昼間は明るい感じでした。

IMG_3241[1].JPG

ここは確かPCとか持ち込んでくつろげる場所だったように思います。はいらなかったけど、景色はきれいそうだったな。

IMG_3242[1].JPG

いきなりですが最上階から下を見下ろしたところ。10階だったかな。

IMG_3243[1].JPG

あちこちすいません[るんるん]今度は1階のところ。水が流れててきれいでした[ぴかぴか(新しい)]

IMG_3248[1].JPG

いわずとしれたテニスコート。シェラトンアドベンチャーズでテニス教室も開かれてます。シェラトンアドベンチャーズはお部屋タイプによっては無料で参加でき、低料金のところだと一人1回5ドルでの参加となります。

テニスコートは全部で3面。2組地元のテニススクールが夕方練習してましたが、空いてたらラケットもボールも貸してもらえます。

IMG_3249[1].JPG

こちらは下から見上げたホテル外観。端っこがコーナースイート。ベランダにジャグジーがついてます[ハートたち(複数ハート)]

IMG_3250[1].JPG

ここはプールではなく池かな[わーい(嬉しい顔)]ラグーンと呼ぶとおしゃれ[exclamation&question]

IMG_3255[1].JPG

立派なシャンデリアが印象的でした。

1FにBON VOYAGEがはいっていて、ちょっとしたコンビニ感覚で利用できました。
パンもお手ごろ値段でお昼に買ってお部屋でいただくのもありかも。

ってことでお部屋編に続きます[わーい(嬉しい顔)]

トイレの立て付けやジャグジーが壊れているところもありましたが、特に問題なく使えました。スタッフの雰囲気もよく過ごしやすかったです。日本語対応はそれほどでもなかったかな。だからこそ、より旅行感が味わえたのかも。

いよいよ出発☆彡 [2015 夏旅]

さあいよいよやってきました。夏旅のスタートです[手(チョキ)]

とはいっても出発は夕方。午前中は娘ちゃんは県庁見学、パパさんも夕方まで仕事。パパさんが帰ってくるのを待って出発となりました。お兄ちゃんは家でしっかり勉強しとりました。さすが受験生[目]←受験生でもいくんかい[パンチ]

今までは4時の飛行機で出発していたので、関空ついてからゆとりがあったのですが、毎年毎年パパさん仕事を早退させるのも気の毒だし、6時5分発の飛行機なら何とか間に合いそう?とのことで、チャレンジしてみることにしました。

出発前にお風呂入って洗濯してってしてたら気付けば5時過ぎ[exclamation×2]ラッシュにかかっても怖いので、大急ぎで荷物を載せて出発です[手(パー)]

それでも空港に着いたら5時半。荷物を預ける際、念のためカウンターで「乗り継ぎバスへの時間が15分しかない」ってことを伝えました。特別な配慮は出来ないし、早く出てくるかどうかは運ですとのことでしたが、後から「比較的本日は荷物を預けている方が少ないので、もしかすると早く出てくるかもしれません。」とのことでした。その言葉を信じていくことにしました。

5時45分には機内へ案内[手(パー)]

いつも乗ってるボンバルちゃんよりは大きくて、ちゃんと通路から入ることができました。たいていボンバルちゃんは暑い中歩いて飛行機に乗るので[ふらふら]

6時5分発でしたが、ビジネスマンのお客様も多く、6時前には飛行機動き始めました。ちょうど離陸したのが5分くらい。なかなか順調[手(チョキ)]

離陸した~と思って水平飛行になって10分ほどでもうシートベルト着用サイン[飛行機]短い飛行時間でしたが、お兄ちゃん爆睡でした[眠い(睡眠)]

飛行機が大きかったこともあり、ドリンクサービスもなし。通りかかったCAさんにお願いしたらすぐ持ってきてくれました。

伊丹空港へ到着したのは6時55分。予定通りです。人数も多いので、バスで到着ロビー近くまで送迎とのこと。乗り継ぎバス出発は7時10分。もうここからは時間との勝負です。おかげさまでバスもすぐ出発して7時5分には到着ロビーにつきました。私は4人分の国際線と国内線のeチケットを持って、バスチケット売り場へ。残り3人が荷物の受け取りです。

松山の地上スタッフのいってたとおり、荷物がすぐ出てきて、8分に合流。バス停までダッシュ[exclamation×2]

ありがたいことにバスが混んでいて、まだきてなくて荷物を預けている最中でした[わーい(嬉しい顔)]

ここもラッキー[ひらめき]

交代でトイレまで行けちゃいました[ぴかぴか(新しい)]

これも事前にバスチケット売り場も経験し、連絡バスにも乗ったことあってバス停把握してたからこそ出来た技かも。次のバスでも何とか間に合ったんですが、できたらこのバスに乗りたかったので、ホント助かりました。7時12分、予定より2分遅れで出発です。

さすがにバスの中ではテンション高めのお客様も多くて、賑やかでした。まあそりゃそうだよね[ふらふら]

ほぼ予定通り(10分遅れくらい?)で関空へ到着[手(パー)]

ここでも二手に分かれて、荷物を受け取ってカウンターへ向かう3人と、両替へ向かう私。

結局両替のほうが時間かかって、カウンターで待ってました[わーい(嬉しい顔)]両替は少な目の150ドル。

カウンターへいっていよいよチェックイン。実は購入の際、JCBカードを利用したため、本人確認が出来ずカウンターでしなければならず、そのため出発の1時間半前に行かなくちゃいけなかった。。。

あとで問い合わせたら、購入した主人がスカイパスでログインして買っておけば、大丈夫だったらしい。その代わりデルタにマイルがつかないので、カウンターで変更する必要があるとのことでした。VISAでかうか、カウンターで申し出るか。どちらかでwebチェックイン可能になりそうです[手(チョキ)]

いろいろ勉強になりました[わーい(嬉しい顔)]

荷物もすぐ預けられ、夕食へ。

いつものフードコートです[手(チョキ)]

私と娘ちゃんはオムライス[手(パー)]



パパさんとおにいちゃんはぼてじゅう。これ食べないと旅が始まらないんですって[るんるん]

しかしここでアクシデント[あせあせ(飛び散る汗)]




フードコートなんで、ベルを渡してベルが鳴ったらとりにくるシステム。これって万国共通かなと思うんだけれども。
ぼてじゅう近くに座っていた海外の方で、スタッフがベルを鳴らす前に自分のだと勘違いし、とっとともってっちゃった人が。。。時間が既に9時近くだったので珍しくパパさんも時間が気になっていたようで、「次あれそうだ」といってたのをささっと持って行かれ。。。

あまりに不安だったのかスタッフに聞くとやっぱり間違えてもってっちゃったみたい。しかもその方が持ってたのは頼んだものと違うもの。その人も呼んであーだこーだもめ始めたけど、もめる前に新しいの作って[爆弾]と珍しくパパさんが申し出。

まあなんとか9時15分には新しいのが出てきました。私たちは食べ終わったので、先にトイレを済ませておくことにしました。



なんだかんだしてたらすぐにパパさんたちもやってきました。9時45分には搭乗口集合だったので、とっとと出国[わーい(嬉しい顔)]

事前登録をすれば自動出国なんてのもありましたが、事前登録もしてなかったのでいつもどおり。まあすいてましたし、問題なしです。

あとはKICカードの登録をすればOK[手(チョキ)]のはずが。。。なぜかパパさんのみエラー。どうやらさかさまにスライドしてしまって読み込めなかったみたい。あとで事後登録すればいいでしょ。

モノレールに乗って搭乗口についたのは9時半過ぎ。なんだかんだしてたらあっというまに機内への案内となりました。

予定通り22時には出発です。ありがたいありがたい[揺れるハート]

気付けば飲み物も配られ、お食事の時間。ビーフ、チキン、パスタから選べました。例年通り無難にチキンで[わーい(嬉しい顔)]

機内での様子は先日書いたとおり。大騒ぎしてる小学生を一喝した後は静かな機内でした。満席ってほどでもなかったし。今回隣の席が空いていて助かりました。

書類は毎年パパさんが記入してくれます。ありがたやありがたや。

到着も予定通り。

2時35分です。




エスタレーンはやはりなくなっていました。それでも人数が少なかったんで、わりとすんなり。4人で並んでいきましたが、二人分エスタがあるって説明されてたようです。ま。もう終わりだけども。

荷物も早々に出ていて、ボディボードの置いてある場所も熟知してるのかあっという間に発見。どれもこれもスムーズ。税関もすんなり通って。

お迎えはどうかな~~~って思ってたら。

すぐ見つかりました[exclamation×2]

私たちだけだったようですぐに案内。車を回してくるからとちょっとだけ待ちましたがそれも数分[るんるん]



あっという間にお迎えの車へ。まだ3時過ぎです。

見慣れた道をとおりシェラトンへ。



カウンターでの手続きもスムーズ。ちゃんと翌朝のシェラトンアドベンチャーズの予約も入ってました。片言英語でも何とか通じてました。

3時半にはお部屋へ。荷物もすぐ届けてくれました。4時には就寝[眠い(睡眠)]

次回はシェラトンの様子をご紹介しまっす[exclamation&question]

親子実験教室 [旅行・おでかけ]




銀を溶かした水に銅線を入れると、銀の金属樹ができます。

これをイオン化傾向っていうらしい。

私はこの年ではじめて聞いた言葉。

でも旦那は。

「中学のとき習った」という。

同じ年なんですけどもなんで?

高校でも聞いたことない。。。(←まじめに聞いてなかったから???)

意外にきれいでした。

凄惨な事件 [日記]

大阪で起きた事件。あまりにもひどくて、娘と1つしか違わない子供が二人も無残に殺され、鳥肌が立っています。

いろいろ守るべき方法はあったのかもしれない。

でも。

やっぱり一番は殺人を犯した人が一番責められるべきはず。

あのときこうしとけばなんて悔やむより、どうすれば殺人をするような考え方がなくなるのかを考えなくちゃいけないと思います。

どんだけ怖かっただろう。。どんだけ後悔しただろう。。どんだけ痛かっただろう。。。彼女たちの胸のうちを思うと涙が出ます。。。

心から二人の冥福を祈るとともに、もうこのような事件が起こらないことを願うばかりです。


majjo presso cafe [食事]



子供達二人とも珍しくいらなかったんで夫婦で久々ランチ^_−☆

そばガレット美味しくいただきました(≧∇≦)


マナー [2015 夏旅]

今回一番気になったこと。

行きの機内での出来事でした。

時間通りに機内へ案内されたのですが、私たちの前に男女3人ずつの小学生と通路はさんで反対側に2名の引率者がついてのどこかのイベント旅行だったように見受けられました。

もう中に入ったときから大声でしゃべってテンションあがりまくり。

それはいいんです。誰だって嬉しいもの。

今回の機材はモニターなしだったこともあり、おしゃべりに花が咲いてました。ここまではしゃあないです。

でも寝たいなあ。。と正直思ってました。

食事の前に子供用のプレゼントがCAさんから配られました。なぜか娘ちゃんも小学生だったのでいただけてラッキーだったんですが。

前の子供たちもいただいてました。

それらをつかって前の座席の子が後ろの座席の子をたたいたりしてて正直???だったんですが、ついうとうととしてしまった私。。。





ところが。。。

突然の怒号で目が覚めた!

ふとみると。














「投げて飛んできたらあぶなかろうが」

といってマジ切れ。

機内で配られたおもちゃだけでなく枕投げまではじめてたのです。。。。




最初注意されたときに止めなかったんです。彼ら。

さらに無視してしようとしたんです。

久々です。人前で切れた旦那見たの。

うちの主人を知っている人なら分かると思いますが、どんなに嫌なことがあってもぶちきれることはほんとめったにない人です。どちらかというと温厚な人。

私のほうがよっぽど怒ってる。その彼を怒らせた子供たち。

注意しなかったCAさんや先生方もどうかなと思いますが、その後は静かに話してました。

話するのは仕方ないです。でもね。深夜便で寝てる人もいるんだから気をつけようねくらいは先生方注意していただきたかった。

主人にアレだけ怒られてたらあとで「すいませんでした」って指導者だったら謝りに来ないのかな。ま。謝りに繰るような指導者だったらあんなことにはなってないか。。。

集団で旅行をされる皆さん。

意外と迷惑になってたりします。

自分たちで話してる分には楽しいんですけど意外とまわりは気になるもの。

注意した後は普通にしてた旦那。すごいわあ。

ちなみにわが子は縮み上がっておりましたw特に息子ちゃんwww

終戦70年 [日記]

今年でもう70年。戦争終わってもう70年。

直接語ってくれる人がどんどんいなくなっている中で、映像だけは克明にその惨憺たる様子が記録されています。

人が人を殺しあう恐ろしい世の中。

今もいろいろあるとはいっても平和な世の中で過ごせています。

あの当時の人たちの熱い思いの上に成り立っている私たちの生活。

一日一日を大切に生きていかなくてはいけませんね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。